雨樋の集水器とは?役割や取り付け方などを紹介

雨樋 排水口

 

雨樋は、雨水が直接住宅を濡らしてしまわないように守るためのパーツです。
そして、1つのパイプのように見えますが、部分的に接続されて繋がっています。
雨樋のパーツの1つである集水器は、樋と呼ばれるパイプ部分とは違うパーツになりますが、雨樋にとって重要なパーツの1つです。
集水器がどういったパーツであり、どのように取り付けられているのか見ていきましょう。

 

集水器の役割り

雨が降った時に屋根から流れる雨水が、そのまま住宅の外壁やあちこちの地面に落ちてしまわないようにするために取り付けられています。
屋根を伝ってながれる雨水が、軒先にパイプ状に取り付けられた軒樋に向かって流れていきます。
そして、その雨水が集水器に集められるようになっているのです。
集水器に集められた雨水は、地上に向けて流れるように設置された竪樋を通って排水されます。
つまり、集水器は、軒樋と竪樋を繋ぐ大切なパーツになっているのです。

 

集水器は詰まりを起こしやすい?!

雨樋が詰まりを起こしやすい原因は、集水器にあります。
家の近くに樹木や公園がある場合、落ち葉が屋根から軒樋に向かって積もりやすくなっています。
それ以外にも、風や鳥によって運ばれたゴミや、砂、ホコリなどが積もっていきます。
それらは軒樋に積もったままで詰まりを起こすこともありますが、多くは雨などによって集水器の方に流されていきます。
そうすると、集水器部分にたくさんの落ち葉やゴミなどが集まって詰まってしまうのです。
その場合には、集水器部分に貯まった落ち葉やゴミを取り除けば、またスムーズに雨水が流れるようになります。

 

集水器の取外しは簡単ではない?

雨樋の交換が必要になった場合、集水器も取り外さなければならないケースがあります。
エルボと呼ばれる樋の向きを調整するパーツや継ぎ手部分は、簡単に外れて漏水しないように集水器と接着されていることが多いものです。
そうすると、集水器を取り外すためには、集水器だけではなく樋から取り外さなくてはいけないケースもあるのです。
そのため、集水器は自分で無理に取り外そうとするのではなく、専門業者に交換や取外しを依頼しましょう。

 

雨樋のことは雨樋の専門家に相談しよう!

雨樋に関する疑問や相談は、誰にすればいいのか分からないという人も多いでしょう。
リフォーム業者や防水業者なども雨樋の交換などを行っていますが、やはり雨樋のことを専門に取扱う業者に依頼する方が知識や専門性に優れています。
雨樋修理群馬は、雨樋を専門に点検や修理などを行っています。
電話だけではなくメールでのお問い合わせも可能ですので、気軽にご連絡ください。

☎027-289-3986

メールでお問い合わせはこちらから

 

雨どい修理群馬
群馬県内の雨樋の掃除・修理はお任せください!トラブル解決出張無料。

対応エリア(群馬県)前橋市・高崎市・桐生市・伊勢崎市・太田市・沼田市・館林市・渋川市・藤岡市・富岡市・安中市・みどり市・北群馬郡・榛東村・吉岡町・多野郡・上野村・神流町・甘楽郡・下仁田町・南牧村・甘楽町・吾妻郡・中之条町・長野原町・嬬恋村・草津町・高山村・東吾妻町・利根郡・片品村・川場村・昭和村・みなかみ町・佐波郡・玉村町・邑楽郡・板倉町・明和町・千代田町・大泉町・邑楽町