雨樋の修理を行う際「仮設足場」が必要になります

雨樋修理には場合により仮設足場が必要です

雨樋の修理を行う際、作業スペースや高さにもよりますが、状況により「仮設足場」が必要になります。仮設足場はあくまでも最終的には撤去する「仮設」のため、可能な限り費用をかけず最小限に抑えたいところです。ここでは、仮設足場を最小限とする方法について説明します。

 

修理の規模で必要性を判断する

簡易的な脚立足場

雨樋の修理だからといって、すべての工事に仮設足場が必要になる訳ではありません。部分的な補修であれば、脚立はしごでも対応可能な状況もあります。高所で一定の範囲の修理であれば「脚立足場台」と呼ばれる簡易的な足場台もあり、敢えて仮設足場まで要らないケースもあります。仮設足場はそれなりの費用がかかるため、修理の規模に応じて脚立等で対応するのも有効な方法です。

 

建物の形状で必要性を判断する

建物のすべての雨樋を同時に交換するのであれば、作業効率を考慮し仮設足場が必要になります。しかし、すべての範囲に仮設足場が必要になる訳ではなく、建物の形状に応じて必要性を判断することが重要です。

具体的には、「2階建ての建物の1階部分」や「平屋建て」であれば、脚立足場で対応できるケースもあります。逆に総2階(1階と2階の面積・形状がほぼ同じ形状もの)であれば、凹凸によるロスが少ないため1階も仮設足場を利用した方が合理的です。

またベランダが利用できる形状であれば、ベランダに脚立足場を設けて高所の作業ができる可能性もあり、仮設足場にかかる費用を抑えられる可能性があります。

仮設足場は、建物の高さや大きさにより、準備する足場が変わります。

足場により費用が変わりますので、現地での確認が必要となります。

 

 

そのほか雨樋についてわからないこと・相談したいことがございましたら雨樋修理群馬までお気軽にお問い合わせください。

☎027-289-3986

メールでお問い合わせはこちらから

 

雨どい修理群馬
群馬県内の雨樋の掃除・修理はお任せください!トラブル解決出張無料。

対応エリア(群馬県)前橋市・高崎市・桐生市・伊勢崎市・太田市・沼田市・館林市・渋川市・藤岡市・富岡市・安中市・みどり市・北群馬郡・榛東村・吉岡町・多野郡・上野村・神流町・甘楽郡・下仁田町・南牧村・甘楽町・吾妻郡・中之条町・長野原町・嬬恋村・草津町・高山村・東吾妻町・利根郡・片品村・川場村・昭和村・みなかみ町・佐波郡・玉村町・邑楽郡・板倉町・明和町・千代田町・大泉町・邑楽町