見栄えと雨漏りリスク回避。竪樋をうまく納める方法

竪樋が地面付近で詰まると、竪樋の内部に水が溜まり、落とし口の高さまで水が逆流することがあります

雨樋を構成する部位のひとつに「竪樋」があります。この竪樋は、軒樋から落とし口に集められた雨水を地上まで排水する役割がある一方で、外樋であれば見栄えの懸念があり、内樋であれば雨漏りのリスクを抱える処理が難しい部位のひとつです。ここでは、竪樋をうまく納める方法について説明します。

 

外樋の竪樋をうまく納める方法

外樋の竪樋をうまく納める方法

軒の出がある一般的な木造住宅では、竪樋が外部に露出された外樋となっていることがほとんどです。この外樋の竪樋は、破損等の不具合が生じても、直ちに室内の雨漏りにつながらないというメリットがある一方で、外部に「管」がそのまま露出するためデザイン的な処理が難しいものになっています。

この外樋をデザイン的にうまく処理するためには、エルボ管による「曲がり」を少なくすることが挙げられます。斜めの竪樋を少なくすることで、垂直・水平を強調したすっきりした見た目とすることができます。また、近年では「丸型」ではなく「角型」の製品も多くなってきており、外樋で露出する際も、シャープなデザインとすることが可能になっています。

 

内樋の竪樋をうまく納める方法

内樋の竪樋は外部に露出しないことから、徹底的な漏水対策して納めることが重要になります。具体的な方法としては、可能な限りエルボ管で管を曲げず「一直線」で地上まで排水させるように納めることです。さらに、竪樋の詰まりを考慮し、室内に竪樋用の「点検口」を設け、その部分の竪樋に「掃除口」を取り付けるのも有効な方法です。

 

そのほか雨樋についてわからないこと・相談したいことがございましたら雨樋修理群馬までお気軽にお問い合わせください。

☎027-289-3986

メールでお問い合わせはこちらから

 

雨どい修理群馬
群馬県内の雨樋の掃除・修理はお任せください!トラブル解決出張無料。

対応エリア(群馬県)前橋市・高崎市・桐生市・伊勢崎市・太田市・沼田市・館林市・渋川市・藤岡市・富岡市・安中市・みどり市・北群馬郡・榛東村・吉岡町・多野郡・上野村・神流町・甘楽郡・下仁田町・南牧村・甘楽町・吾妻郡・中之条町・長野原町・嬬恋村・草津町・高山村・東吾妻町・利根郡・片品村・川場村・昭和村・みなかみ町・佐波郡・玉村町・邑楽郡・板倉町・明和町・千代田町・大泉町・邑楽町