群馬県内の雨樋修理清掃
雨どい清掃1棟15000円から
家に降りかかる雨を集めて、建材への影響を最小限に留めてくれるのが雨樋の働きです。もしこの機能がなければ壁に直接雨水が染み込んで重大な損傷を与えかねません。 群馬でも近年は自然災害が厳しくなっており、十分な対策が必要です。そこで考慮しなければならないのは定期的な掃除と修理です。 雨樋修理のご相談 悩み
雨樋が機能しないと、建物の老朽化を早める原因になります
水は害になる成分はないものの、ほとんどの物質を徐々に侵食していく作用を有しています。また落下する雨が溜まると一定の重量を生んで雨樋にもダメージを与えるものです。 それだけに群馬の専門店を介して、メンテナンスすることが求められます。

雨樋の修理方法 種類

屋根に傾斜が設けられている場合、雨天時に屋根の端から無数の雨水が滴り落ちる事を予防してくれるのが雨樋ですが、常に屋外に設置されているからこそ風雨の影響を受けやすく劣化しやすいという特性があります。
そのため、比較的高い頻度で修理をしたり新しい物に付け替えをしなければならないのですが、修理方法には大きく分けて2つの方法が存在します。
それは修理を請け負って頂ける専門業者に対して依頼する方法と個人的に作業に従事する方法であり、個人的に作業に従事する場合でも一定の知識と道具、環境を揃える事ができれば進めていく事が可能です。
最良の方法は専門業者に連絡し作業を完了して頂く方法ですが、ホームセンターなどで部材や道具を買い揃えて滞りなく完了させている方々も実際に大勢居るので、チャレンジ精神が強い方や自分の自宅は自らの手で直したいと考えている方はチャレンジしてみましよう。 雨樋修理 破損

雨樋の修理方法 個人で修理する場合

まず、自らの手で進めていく場合の修理方法では事前に道具を揃えておく事が重要になります。 最低限必要になるのは電動ドライバーをはじめパイプをカットする事が可能なのこぎりやビス、釘を抜くためのバールやコーキング、雨樋用の糊や脚立などです。 言わずもがな、雨樋というのは屋根の端に設けられている設備であるが故に必然的に作業を行う場所は高い場所になるので、たとえ脚立を用意していても手が届かない事は珍しくないため、足場もしくは長くて安定的なはしごも用意しておくべきです。
作業に従事するための環境が整えられたらいよいよ新しい雨樋を手に入れる事になりますが、実は一言で言ってもその種類は100種類を超えていますしメーカーの数も6社あります。 基本的に同じサイズ・種類であればメーカーが異なっても互換性があるものの、根本的にサイズ・種類を誤って選択をしてしまうと取り付けられなかったり、一見取り付けられたように見えたとしても途中段階で雨漏りが生じ機能を果たさなくなるので注意が必要です。
正しいサイズ・種類を用意する事ができたらいよいよ屋根の端と同じ目線になるまで高所に上がり既存の雨樋を外す事になりますが、爪という部分で固定されているので爪を少し開いてから外すように気を付けましょう。 通常であればその後新しい物に付け替えるだけで良いのですが、廃盤の物から現行品に変更する時には金具の互換性が無いので予め用意してあるバールで固定具の釘と共に取り去ってしまいましょう。
雨樋修理 個人で修理する場合

雨樋修理の費用相場 

雨樋は、屋根を流れていく雨水などを受け止めて集めることができる製品のことです。集めた水を下水や地上に流していくことによって、住宅の腐敗などを防いでくれる重要な役割があります。実際に、雨樋が存在しないと屋根から外壁に対して直接的に雨水が流れてしまうことになりますので、すぐに劣化が置きやすい状況になってしまいます。
そのため、雨樋の劣化が見られた段階ですぐに掃除・補修・交換・修理といった対策を考えなくてはいけません。ただ、素人がこうした対策を行うことを考えても、満足な足場も作ることができませんのでなかなか難しいという難点が存在します。
そこで、専門の業者に修理を依頼するわけです。相場とは言っても、屋根全体の修理をするわけではありませんのでそれほど高い金額になることは滅多にありません。高くても30万円程度の相場で行ってもらえますし、一部分の修理で良いのならばわずか数万円程度で実施してくれます。 雨樋修理 掃除

雨樋修理の費用相場 詳細

修繕費用として必要になるのは、だいたい以下の四つです。まず、雨樋全体の交換費用でこれは20万円前後が必要になります。ただし、上記でも述べたように一部分だけで良いのならばもっと価格は安くなります。そして、足場設置費用です。これに関しては5万円から10万円程度の費用が必要になります。さらに、工事によって生じた廃材の処理費用と新しい雨樋の設置費用です。これら二つの費用を合わせて約5万円が相場です。このように、計算すると全体的な相場としては約30万円前後になっています。
そもそも、雨樋の修繕を行うときにはその原因となるものを取り除くことが大切だと考えられています。例えば、雨樋の詰まりやゴミを改善することで状況が良くなることもあります。この場合には、大きなお金は必要になりません。雨水が流れていく時に必要になる集水器と、それを下に流すための装置はゴミが溜まりやすくなっていて定期的なメンテナンスが不可欠です。そのため、この問題を解決することで状態が良くなるのならばそれで構いません。
反対に、経年劣化によって雨樋自体に穴が開いてしまっているときには、相場通りに30万円程度の費用を支払って全て付け替えてもらう必要があります。経年劣化の場合は消耗しすぎてどうすることもできないことが多いので、中途半端にするのは良くありません。原因によっては安く済ませることもできますが、どの程度の相場になるのかはきちんと状況を見極めて判断することが大切です。 雨樋修理 汚れ

雨樋で火災保険を活用

雨が降り注げば、溜まった雨水が建物の中に侵入して建材を腐らせることもあります。そのため雨樋で雨水を集めて、下水へと誘導する事が必要です。しかし雨樋が腐食したり、何かが詰まったりして壊れてしまうと、その役割を果たすことが出来ません。 なので雨樋の故障に気がついたら、出来るだけ早く修理をするべきです。
しかしながら、業者に修理を修理を依頼するとなれば、少なからずお金がかかります。家の大きさによって金額は変わりますが、一部分だけを修理するとなれば数万円、家全体の修理であれば作業にかかる費用だけでなく、足場を組む費用も必要になってきますから30万円から60万円くらいが相場です。一度にそれだけのお金を払うのは家計にとっても大変です。
そこで修理費の負担を減らせる方法として、火災保険があります。一般的な火災保険では、地震・噴火を除き火事だけでなく洪水や高潮による水災、他にも雪災、雹災などの自然災害への備えにもなることは知られています。でも、それが雨樋の故障とどのように関係しているのかというと、台風や強風などで金属が折れ曲がってしまったり、大雪の重みに耐えられずに壊れてしまった、というように故障の原因が火災保険でカバーできる自然災害であるならば、保険金を修理費に使うことができるのです。 雨樋修理 雨樋の種類

雨樋で火災保険を活用 詳細

ここで気をつけてほしいのは、水災や風災、雪災といった自然災害は火災保険についていることが多いことです。保険料の支払い負担を軽減できるカスタマイズ型があるのですが、そのタイプだと契約者が要らないと思って自然災害に見舞われたときの補償を外してしまうことがあります。何事もなければそれでも問題はないのですが、こういう時には困るので契約をするときにはよく考えておきましょう。
それから損害、つまり修理費用によって保険金が出るかどうかが変わってきます。免責金額というのですが、10万円、20万円と免責金額が設定されていると、それ以上の修理費用であれば全額補償となって無料で雨樋を直せるのですが、それ以下になれば保険金会社は保険金を支払わなくてもいいということで膳が置く自己負担となります。とはいえ、雨樋を全て直すというときには、前述のように相場は30万円以上ですから、多くの場合で保険金がもらえる水準にはなります。
修理を業者に依頼するときには、慎重になってほしいのですが、火災保険が使えるからと費用を水増ししてくる悪徳業者がいます。保険金を使うことは問題ないとしても、詐欺の片棒を担がされることのないように業者は選ばなければいけません。 雨樋修理 雨樋がない場合



ご利用の流れ

作業完了まで責任を持って作業いたします!
また、作業後のサポートも致しますのて作で安心してお任せください!
ご利用の流れイメージ図

雨樋の役割タイトル雨樋の役割イメージ

雨樋の簡単自己点検自己診断リスト

質問タイトル

質問 雨樋の修理(掃除)はどれくらいでおわりますか?
答え 修理箇所の量によりますが、ちょっとした補修・修理ならば半日、
1軒全部の場合は2〜3日くらいあれば作業は完了します。

質問 雨樋の一部の交換工事はできますか?
答え はい、工事可能です。現在メーカーで取り扱っている現行の型番であれば交換工事はできます。ただし、生産中止品に関しましては工事ができませんので、お問い合わせください。

質問 雨樋修理に保証はありますか?
答え 作業内容によって保障の年数は違いますが、最大5年間の保証をしております。保証の詳細につきましてはお問い合わせください。雨樋メーカーの保証として水漏れ・変色差保証が5年・10年とついている材料もございます。

メンテナンスは、高所作業を伴うものです。
素人では危険性も高いため専門家にお任せください。
特に経年劣化した雨樋の交換はプロフェッショナルの雨樋群馬に。
自然災害の種類によっては火災保険が適用される可能性があります。
見積もりを兼ねて詳しくご相談ください。


群馬県内の雨樋の掃除・修理 群馬県の雨樋について
日本では、どの地域にあっても多寡はあっても降雨が存在するため、住宅を建設する上では雨樋を備えることは必要不可欠です。その役割には、雨水が建物を浸水するのを防ぐ働きがあり、浸水によって壁などが劣化しにくくする働きがあります。
他にも雨水が流れ落ちて地面をはじかないで済み、地面を掘り下げてしまうことを防ぐことも可能です。近年は集中豪雨などで雨量がまとまることも多いため、こうした雨樋の役割の重要度も増しています。
群馬県はかみなり銀座と呼ばれる地域も存在し、雷と共に豪雨を降らせることもあります。従って雨量も群馬県の地域によっては多いこともあり、住宅に雨樋を必要とすることも多いです。なお屋根などから流れ落ちる雨水を誘導して流す上では雨樋は必要不可欠ですが、一方では修理をしないといけないほど故障するケースも見られます。その理由にはプラスチック加工の製品で製造されているため、劣化によっては割れやひびが入りやすいこと、また落ち葉などのゴミが流れて来てそれが詰まってしまうことがあります。
群馬県でも山間部の地域では降雪が見られることも多くこうした屋根に雪が降り積もり、その雪の重みによって割れてしまったりする故障も多いです。もっとも落ち葉などのゴミが詰まってしまえば、それを掃除することで元の機能を果たすことができますが、割れてしまったりした場合には、対応した修理を行うことが必要となります。特に劣化になりやすい部分には、雨樋本体のプラスチック部分とそれを止めておく金具などが該当します。 実際にホームセンターなどでは、雨樋に使われている部材などが販売されているため、自分でメンテナンスや交換を行うことができますが、見栄えに拘ったり、機能性の向上を図る上ではプロの職人に依頼することが必要です。
 群馬県では建設会社が外装工事会社、リフォーム業者が担当しており数多くの業者が存在します。つまり雨樋の修理を依頼しやすい環境も揃っているため、相談から始めることもできます。 群馬県内の雨樋の掃除・修理方法のご紹介  

電話番号027-289-3986   FAX027-289-3948
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ

▲ページトップに戻る