雨樋(あまどい)とは?  知っておきたい建物を守る雨樋の役割

スムーズな作業できれいな雨どいへ!

雨樋とは、屋根に降り注ぐ雨水を集め、地上まで排水するための設備です。雨樋は、一般的に屋根の軒先から外壁に沿って設け、筒状の形状をしています。この雨樋にはいくつかの役割があり、ここではそれらについて説明します。

計画的に雨水を排水する

軒樋が無い場合、屋根面の雨水はそのまま外壁を流れ、地上に達した雨水は建物周囲の地面を水浸しにしてしまいます

屋根の軒先にある雨樋を、軒樋(のきどい)といいます。この軒樋が無い場合、屋根面の雨水はそのまま外壁を流れ、地上に達した雨水は建物周囲の地面を水浸しにしてしまいます。屋根面の汚れが外壁に流れ美観が損なわれるだけでなく、建物周囲に湿気がある状態は衛生的にもよくありません。

こうした状況を避けるために、雨樋には屋根面から地上まで「計画的に」雨水を排水する役割があります。

建物を「汚れ・腐食」から守る

雨樋には、建物の美観を保つだけでなく、建物自体の腐食を防ぐ役割もあります

雨樋には、建物の美観を保つだけでなく、建物自体の腐食を防ぐ役割もあります。軒樋で集められた屋根面の雨水は、外壁を這う「竪樋(たてどい)」内を流れて地上に排水されます。

この軒樋と竪樋を計画的に配置することで、屋根面の雨水が直接外壁に流れることなく、建物の美観を保つことが可能になります。さらに、竪樋から地上の側溝や雨水桝(うすいます)と呼ばれる排水設備を介して敷地外に排水し、建物の周囲から湿気を遠ざけることで、地面に近い「外装材」や構造体である「土台」を腐食から守ることができます。

このように、雨樋には建物の美観の維持だけでなく、建物の構造体を腐食から守る役割があり、建物を長く使用するうえで非常に重要な部位となっています。

そのほか雨樋についてわからないこと・相談したいことがございましたら雨樋修理群馬までお気軽にお問い合わせください。

☎027-289-3986

メールでお問い合わせはこちらから

 

雨どい修理群馬
群馬県内の雨樋の掃除・修理はお任せください!トラブル解決出張無料。

対応エリア(群馬県)前橋市・高崎市・桐生市・伊勢崎市・太田市・沼田市・館林市・渋川市・藤岡市・富岡市・安中市・みどり市・北群馬郡・榛東村・吉岡町・多野郡・上野村・神流町・甘楽郡・下仁田町・南牧村・甘楽町・吾妻郡・中之条町・長野原町・嬬恋村・草津町・高山村・東吾妻町・利根郡・片品村・川場村・昭和村・みなかみ町・佐波郡・玉村町・邑楽郡・板倉町・明和町・千代田町・大泉町・邑楽町